Shall we Dam?

DamJapan::http://damjapan.co.uk/
あなたもダムの深遠へ。


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
脱・素人かも知れない。
でも素人には変わりないのです。
そうそう、写真を変更してみました。私は結構気に入っています。


ばっちぃ状態で帰ってきたステージア。

洗車好きのキモチが許さないので、思い切った行動に出てみました。


ポリッシャーを買いました。

マキタのB05010と言うモノです。それに加えてPCSの「PCSパットキット」。
------
ポリッシャーと聞くと、ぐるぐると円運動をするモノを思い浮かべる方が多いのですが、
私が購入したのは「ダブルアクション」と言うタイプのモノです。
ぐるぐる回るだけなのは「シングル(アクション)」と言います。
シングル式は研磨力が強く、プロでもバフ目(太陽とかが当たると、円状のキズが無数に
ギラギラと見えますよね。アレです。)を残さずにシングルのみで仕上げるのにはかなりの熟練を要する程です。
対してダブルアクションは研磨力が強く、プロなんかは仕上げに使う事が多いです。
シングルで深い傷を除去→ダブルでバフ目除去、仕上げ と言うのが大半です。

本当はシングルとダブルを購入するのが一番ベストなのですが、んなお金持ちじゃないので今回はダブルのみです。

PCS式でやると普通にダブルで磨くよりも研磨力が強いらしいので、、、
----


あとはステージアのボディの状況にかかっているとも言えます。
まぁー1年放置されただけなので、超過酷ではないとは思いますが・・

まぁキズ全く無しの状態を目指す訳じゃないのでダブルでも十分でしょう。

11月には完全復活したステージアでお目見えしたいです。

頑張ろ。ちなみに明日施工予定です♪
| クルマを美しく。 | 16:26 | comments(0) | trackbacks(0) |
ポリッシャーぁ
マキタのBO5010にしようかなー・・・

コート材とか全部ひっくるめて2万以内で収まるといいなぁ。

| クルマを美しく。 | 00:03 | comments(0) | trackbacks(0) |
悩み中。
ポリッシャー買っちゃおうかなw


どうしようか悩み中。。



実験台(コラ)はブリリアントシルバーのW203とBPレガシィ。同じくシルバー。
コレが濃ゆ〜い色のクルマだったらやる気失せますが、シルバーだしw

しかも塗装の硬いメルセデス。レガシィは・・・ 微妙。つか不明としときます。

大体1万強〜2万弱出せばある程度のモノは買えそうです。


スポンジでシコシコやんのは大変だしな・・(経験ある人なら分かるハズ

体力つくと思うけど(いや目的はそこじゃないだろ)、時間がかかるから最後の方は
雑になりがち。ボンネットだけやるだけで相当体力消費します。

均一に力の掛けられるポリッシャー・・・ 
でも失敗した時のリスクは手でやるより大きいし。onz

ポリッシャーについてもう少し勉強してみようと思います。
とりあえず、焦らずじっくり。


・・・と、どうやら俺の心の中は購入に傾いている様です。


ポリッシャー買うって、なんか自分の中で越えてはいけない一線を越えちゃう感じで(笑)


だって、洗車好きでもポリッシャー持ってる人って少ないじゃないですか。


まぁ、トルクを掛けすぎたりコンパウンドの選択を間違えたり、途中で手を抜かなければ大きな失敗はしない・・・・


のかなぁ?(笑) そんな生半可なモンじゃない?


とりあえず、やってみます。つか買ってみます。(結局そっちかよ)
何事もやってみないと。洗車って経験だしねー♪ 機材もあるけど。


さぁ、何を買おうかな。


手探りの冒険に出た俺。色んな意味で一からのスタートでございますw
ネットで調べまくろ。
| クルマを美しく。 | 02:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
メモ書きしとこ
3M
カット・1-L 5967 → ハード・1 → ハード・2-L ダーク5986 or ハード・2

で磨こうかな。勿論手でシコシコと・・・
ポリッシャー欲すぃ・・ いや、買えないんじゃないけど微妙に躊躇。
でも手でするのって凄んげぇ体力食うしな・・ 若くなきゃ出来ない!(笑)

ちなみにブリリアントシルバーのW203(現行CクラスMC前)です。
ベンツの塗装はゆずゆずで、固めなんです。レガシィ、ステージアと比べると
その硬さをひしひしと感じます(笑)

あとPCS洗車用ウレタンスポンジも買おうかな。今使ってるスポンジが寿命だし。

コート剤はどうしよ?
同じDiaglanz FG-9にするか、違うのにするか・・・
実直に選べば効果も実証済みのFG-9にすりゃ良いんだけど、洗車好きとしては
他のを試したくなる物。これは色々探してみるか。
| クルマを美しく。 | 02:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
そうそう、思ったこと
偶然かも知れませんが。




ボディの状態の悪い車の多いこと多いこと。



「あー、磨きてぇ!!!!!!!」

とか思いながら眺めています。



洗車傷だらけのクルマや、輝きを忘れたクルマ。


と同時に、うちのレガシィやW203は何て良い状態のボディなのかと思いました(笑)

洗車したって、手に抵抗を感じるクルマが殆どです。

つまり、それだけ塗装面が荒れているんです。


あのコンパウンドで磨けばあぁなるかなー とか想像しています。



そうそう、店長の乗ってるクルマのボディを触っただけで


「この感触はWAXだ!」

と分かったのには自分でウケました(笑)

しかも少し油分残ってたし。ちゃんと拭き取ろうぜ♪
| クルマを美しく。 | 01:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
GSの洗車
皆さん・・・ GSに洗車出すのはよしましょう。



なんでって、GSで働いている私が言うのですから間違いありません。多分(笑)

てかいつの間にバイトしてたのかよ!って思うヒトのが多そう。
実はしていました。いつの間に。皆さん他言無用です>特にミキティー!



機械洗車なんてもっての外ですが、少しは愛情のあるオーナーが手荒い洗車を頼む
訳です。


濡らす(まぁ当然)→毛足の長いミトンみたいなのにシャンプーをちょいと付ける→
そのまま洗う


のですが。



荒い方雑すぎ、シャンプーの量少なすぎ、ミトンもすすがない。


(●´∀`)ノ


とりあえず、雑です。



「それなりの金貰ってんだからもう少しちゃんとやれよ・・」と心の中でつぶやきます。



ミトンも保水性低いし、とにかく
「絶対俺のが上手く洗車できる」って感じです。

俺だったらせいぜい


クルマを濡らす→ミトンにシャンプーを付ける→手の上でむしゃむしゃして泡立てる
→とりあえず窓を洗って更に泡立たせる→ボディ洗浄→ボディ半分程度でミトン洗う→
もう一度シャンプーを付けて繰り返し
です。最低でも。


つかそもそも毛足の長いミトン使い難い・・・ 泡立ち良くないし、保水性も低いし・・・

お店でお金出して貰ってる以上、も少しきちんとやれよー・・・

で、拭き上げも窓を洗うのと同じ種類のごく普通のタオル。


「クルマよ、ゴメンよぉ・・・」と心の中で思いながら拭いています。
傷付けてるなぁって思います。


うちのGSだけかも知れませんが、スタンドでの洗車は如何なるカタチでもやめとこうと
思ったNaganoです。

まぁ、お店による格差は結構有ると思いますが。


店長に文句言おうかな。シャンプーもっと使わせろ、ミトン変えろ、タオル変えろって(笑) 無理だろうな。
| クルマを美しく。 | 01:24 | comments(0) | trackbacks(0) |
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
+ ARCHIVES
+ CATEGORIES
+ LINKS
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
  • 台風12号による紀伊半島、熊野川での水害が人災だと憤る方々へ。
    清水俊幸 (08/09)
  • 台風12号による紀伊半島、熊野川での水害が人災だと憤る方々へ。
    清水俊幸 (08/09)
  • 台風12号による紀伊半島、熊野川での水害が人災だと憤る方々へ。
    倉本秀彦 (07/15)
  • 台風12号による紀伊半島、熊野川での水害が人災だと憤る方々へ。
    小匠ダム下流 (01/30)
  • 台風12号による紀伊半島、熊野川での水害が人災だと憤る方々へ。
    小匠ダム下流 (09/29)
  • 台風12号による紀伊半島、熊野川での水害が人災だと憤る方々へ。
    長田 (09/28)
  • 台風12号による紀伊半島、熊野川での水害が人災だと憤る方々へ。
    小匠ダム下流 (09/18)
  • 台風12号による紀伊半島、熊野川での水害が人災だと憤る方々へ。
    小匠ダム下流 (08/31)
  • 台風12号による紀伊半島、熊野川での水害が人災だと憤る方々へ。
    TOM (08/28)
  • 台風12号による紀伊半島、熊野川での水害が人災だと憤る方々へ。
    小匠ダム下流 (08/28)
+ RECENT TRACKBACK
+ PROFILE
+ OTHERS
<< 古い記事 << * >> 新しい記事 >>

このページの先頭へ